Skip to Main Content

グランプリ博物館

一時休業
リフォーム・プロジェクトに伴い、この博物館は一時閉館します。再開時期は追ってお知らせします。

1993年、毎年11月に数々の自動車およびバイクレースを行うマカオ・グランプリ40周年を記念してこの博物館が開館しました。マカオ・グランプリは、熱狂的なマカオ住民と政府の支援によって1954年に初めて開催されました。今日、グランプリは「ギア・サーキット」と「フォーミュラ3グランプリ」観戦のために集まる、数多くのレースファンや旅行者を魅了する国際的なスポーツイベントです。一般道がサーキットとなるため、モナコのモンテカルロ市街地コースと比較されますが、コースの性質上ドライバーには正確な運転技術が要求されます。何名もの偉大なドライバーが参戦しており、また多くのドライバーにとって名を挙げる舞台ともなっていることかがわかるでしょう。

マカオ・グランプリの50周年を記念して、マカオ観光局は同博物館の大規模な改装を行いました。

グランプリ博物館は、テディ・イップ、ポール・デュトワ、ローレル、アイルトン・セナ、およびジョン・コースミットなど、グランプリの成功に多大な貢献を行った人々を讃えています。ギア・サーキットを走り、優勝した実際のレースカーが展示され、世界有数のエキサイティングなサーキットの歴史を紹介しています。