Skip to Main Content

ワイン博物館

一時休業
リフォーム・プロジェクトに伴い、ワイン博物館は一時閉館します。再開時期は追ってお知らせします。

1400㎡の館内は複数の部屋に分かれており(歴史情報/ワインセラー/博物館および展示コーナー)、地図や解説、写真、タイルやビデオを使用してワインの歴史に触れています。各セクションは、ワインやブドウに関する情報のみならず、ワイン生産に関わる伝統的また現代的な設備を紹介することでワインを造る際の雰囲気を再現しています。

博物館はポルトガルの文化、伝統、日常生活および祝賀の儀式におけるワインの社会的、経済的および文化的重要性を伝えることを主眼としています。

館内の展示コーナーには1,143種のワインがあり、内1,115種はポルトガル産、28種は中国産です。1,115のポルトガルワインの内、756は市販ワイン、359はコレクターズワインであり、1815年製のポルトが最も古いもので、ポルトガルの様々な産地、中国でのワイン生産の例も紹介しています。全てのワインに説明が付いています。

また、ポルトガルの各地域を代表する、それぞれの民族衣装を来たマネキンも置かれています。