Skip to Main Content

パカピオ

パカピオは、清朝末期にマカオに伝えられた、伝統的なゲームです。鳩レースの賭けがルーツで、ラッキードローに似たギャンブルに変化しました。現在では、文字のかわりに数字が用いられ、手動で行われていた賭けがコンピュータ化されています。

パカピオは、マカオではホテル・リスボアとウィンヒン・パカピオセンターで行われています。