Skip to Main Content

観音堂

観音堂

寺院にある大理石の碑によると、光緒帝の時代、1902年に建立されました。黄金で貴重な観音像が安置されてします。この仏像は1世紀以上にわたり祭られてきましたが、2004年に復元されています。教義は「観音」という言葉通り、民の悲痛な声に耳をかたむけるというものです。また、慈悲の女神として知られる観音は無限の知恵と、人々を苦しみから解放するという能力を有すると考えられています。