Skip to Main Content
25 分 7 観光スポット

マカオ北部の下町散歩

二つの異なる文化が共存するノスタルジックな街並みを歩きましょう。東西文化の交流がどのような影響をもたらせたかを発見してください。

1

關閘(出入境ゲート)

地下の旅客ターミナルが建設され、地元の人は簡単に珠海市に行けるようになりました。地下バスターミナルからは接続のエスカレーター、エレベーターおよび階段で關閘広場に行くことができます。バスターミナルには17の路線があり、看板等で分かりやすく表示されています。トイレと公衆電話は地下バスターミナルにあり、タ...
2

三角花園

もともとは道路が交差する余白の土地でしたが、今では地元の市民がトレーニングをしたり、憩いの場として利用したりする、約1583平方メートルの緑豊かな公園です
3

蓮峰廟

1592年に建立された蓮峰廟は定期的に再建されており、廟正面には19世紀の歴史や神話を描いた粘土の浮き彫りがあります。入り口では石の獅子が門番をしています。中の祭壇には天后像が祀られ、両側に守護神を従えています。奥の中庭は龍の浮き彫りや蓮池、そして鉄の火鉢によって飾られています。本堂は観音を祀ってお...
4

林則徐記念館

蓮峰廟近くに隣接した小さな博物館は、1839年9月3日(道光帝の治世)にマカオを訪れた中国の役人・林則徐を記念して建てられたものです。彼の訪問の目的は、領土内のアヘン取引をポルトガルに禁止させること、また後にアヘン戦争へとつながる英国と中国間の対立に対してポルトガルが中立を守ること、これらを確約させ...
5

OXウェアハウス(牛房倉庫)

2002 年3月に設立された牛房倉庫(ウェアハウス)は、以前は「婆仔屋藝術空間(オールド・レディーズ・ハウス・アートスペース)」として知られていた民間の非 営利アート団体です。牛房倉庫は、マカオの現代アートシーンを様々な実験的インスタレーションや企画展示で紹介しています。またスケッチや音楽などの芸術...
6

観音古廟と城隍廟

観音古廟は明の時代にモンハの丘の南側に建立されました。観音堂に比べて小規模なので、「小観音堂」とも呼ばれています。右側にあるのは城隍廟で清朝後期、1908年に建立されました。マカオでは唯一の城隍の神殿がある寺院です
7

モンハの砦

マカオ半島の北部に位置するモンハの丘に建てられたモンハの砦は、1841年の第一次アヘン戦争後の中国の侵略に備えて築かれた比較的新しい砦です。1866年に完成し、1960年代に閉鎖されるまで現役の要塞でした。砦は公園となり花々や、芝に囲まれた歩道があります。近くに住む人たちの静かな憩いの場所であり、マ...