Skip to Main Content

關閘(出入境ゲート)

地下の旅客ターミナルが建設され、地元の人は簡単に珠海市に行けるようになりました。地下バスターミナルからは接続のエスカレーター、エレベーターおよび階段で關閘広場に行くことができます。バスターミナルには17の路線があり、看板等で分かりやすく表示されています。トイレと公衆電話は地下バスターミナルにあり、タクシー乗り場は地上にあります。

1870年に建てられた欧風スタイルの關閘(出入境ゲート)は、マカオの発展を見届けてきました。關閘広場の中心にある噴水の周りは緑の草木に囲まれています。側壁のアズレージョ(青いポルトガルの絵タイル)とポルトガルの詩人カモンエスの詩は、マカオの歴史を描写しています。

關閘(出入境ゲート)と珠海市側のイミグレーションは毎日朝6:00~深夜1:00まで開いています。