Skip to Main Content

質屋博物館

かつての質屋「徳成按」(美徳と成功の質屋)は1917年にマカオの裕福な商人高可寧によって設立されました。建築デザインと間取り、室内装飾と建物の装備は当時の中国本土の質屋と非常に似通ったものであったと考えられます。

今日、このような質屋は歴史の奥深くに追いやられてしまいましたが、マカオの文化遺産を保全するという使命を果たすべく、マカオ特別行政区政府文化局は「徳成按」を当時の状態に修復し、マカオの質屋の全盛期を再現したのです。