Skip to Main Content

オピウム・ハウス

オピウム・ハウス

オピウム(アヘン)・ハウスは内港の海岸付近に19世紀後半に建てられました。建設当初はアヘンハウス、倉庫として使われましたが、1946年のアヘン禁止後、工場として使われました。1996年、オピウム・ハウスは改装され、完全に復元されました。2001年には同善堂慈善協会の第2クリニックとして、一般の人々に中国の鍼治療と西洋医療サービスを提供しています。建物は19世紀の黄金時代における内港の典型的な建築様式となっています。