Skip to Main Content

オルタ広場(司打口)

オルタ広場(司打口)

内港近くの広場です。清朝の同治帝から康熙帝の時代はアヘンの輸入のための桟橋でした。アヘン戦争の原因の一部となったとも考えられています。19世紀後半には、埋め立てにより広々としたエリアになりました。広場には屋台がでて様々なパフォーマンスを愉しんだり、市場として使われたりしましたが、現在では市民の憩いの場となっています。