Skip to Main Content

庇山耶街

庇山耶街

かつては、北湾(今の内港)の台風の避難所でした。岩場に多くの葦が生息し、中国人は葦海岸と呼んでいました。清朝の同治帝の時代に、ポルトガル政府が湿地を干拓地にかえました。当時はアヘンパイプの生産で有名になり、北京へ輸出されました。現在では地元の手工芸品など土産物屋が軒を連ねています。