Skip to Main Content

三聖宮

三聖宮

同治帝の時代、1865年に建立された小さな寺院です。門に刻まれた文から、島は塩の生産で有名だったと学ぶことができます。金花、觀音、華光大師を祭っています。200年以上前に地元の漁師により建てられ、華光大師が祭られました。健康と子どもを守る神として信じられており、多くの参拝者が訪れました。2002年に嵐で崩れた後再建されました。この辺りは村の最北端になり、海岸に沿って鉄や木で造られた、伝統的な高床式の家を見ることができます。