Skip to Main Content

三巴門土地廟

三巴門土地廟

「土地神」は大地の神であり、マカオで人気の神の一つです。寺はおよそ300年の歴史があります。神殿の碑文によると、同治帝や光緒帝の時代に地域住民により建てられたとあります。比較的小さな寺院にも関わらず、この寺院の繁栄を祈るために多くの地元民が訪れます。土地誕という祭事では子豚の丸焼きが供えられ、ライオンダンスが奉納されます。