Skip to Main Content

旧中西薬局

外観は典型的な商業建築で、1892年以前に草堆街80号に建てられました。
孫文はここで1893年7月から1894年初めまで、マカオ初の中国人医による西洋医学の薬局と診療所の一つを開業しました。その後、建物は賃貸や譲渡など何年にもわたって売買を繰り返され、道教寺院や、繊維工場に使用されたこともありました。

マカオ特別行政区政府は2011年にこの建物を取得し、修復工事が終わった2016年年から孫文展示館として一般公開しています。
現在は孫文の生誕150周年記念展や、建物自体の歴史や特徴・建築技術に関する資料、孫文とマカオに関する資料などが展示され、孫文とマカオの関係や、伝統的商店建築の特徴をより深く理解することができます。

情報提供:文化局