Skip to Main Content

花地瑪聖母堂(ファティマ聖母教会)

花地瑪聖母堂(ファティマ聖母教会)

1967年に再建された教会は、マカオ半島北部にある白郎古将軍(Bairro Tamagnini Barbosa )地区の人々の礼拝所となっています。錬鉄製の門の後方、静かな中庭に建てられ、二つの鐘を収めた大きく四角い塔がある現代的なデザインです。幅の広い階段を登ると、広々とした教会があります。中の壁にはステンドグラスのパネルが並べられ、祭壇には赤いレンガの壁に付けられた木の十字架が据えられています。