Skip to Main Content

イスラム教のモスクと墓地

1980年代初めに建築されたマカオ・モスクは、貯水池と外港のマカオ・フェリーターミナルを見渡せる一角にあります。マカオ・モスクは、ゴアやムンバイなどの地域からポルトガル軍に兵士として採用されたイスラム教徒によって建てられたといわれています。隣接する墓地は、様々な地域出身のゾロアスター教とイスラム教の人々が永眠しています。墓地には100年以上前のものもあり、マカオが何世紀もの間多文化に寛容であったことを裏付け、マカオとイスラムの歴史的なつながりを示しています。