Skip to Main Content

Check in Hotspot

45 観光スポット
1

MGMコタイ アート・コレクション

MGMコタイが所有する300点を超える魅惑的で想像力を刺激するアートコレクションの数々は、ホテルのパブリックスペースの一部になっています。清王朝時代の絨毯から著名作家によるモダン・コンテンポラリーな作品のほか、マカオ周辺で注目のアーティストの作品や大型インスタレーション、精巧なデジタルアートが展示さ...

2

MGMコタイ ザ・スペクタクル

MGMコタイの中央に位置するザ・スペクタクルはビル4階分の天井高で大きさはサッカーフィールド1面分に匹敵します。緻密に作られたこの自立式フリースパン・グリッドシェルのガラス張り屋根は世界最大、マカオにある建造物として初のギネス認定を受けています。 ザ・スペクタクルにはさまざまな大きさのLEDスクリー...

3

MGMマカオ アート・コレクション

MGMマカオでは館内の至る所にアート作品を見つけることができます。まずメインエントランスではシュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリの「不思議の国のアリス」がゲストを出迎えます。ホテルロビーに進むともう一体のダリ作品、活力に溢れ歓喜に踊る少女の像「ダリニアン・ダンサー」が展示されています。 ...

4

MGMマカオ グランド・プラサ

MGMマカオの中央に位置するグランド・プラサは中世ヨーロッパとポルトガルがマカオに残した遺産への息を飲むようなオマージュ。北側壁面はリスボン中央駅にあたるロシオ駅をモデルに設計され、ポルトガルの最も象徴的な文化を反映しています。 ガラス張りの天井から差し込む柔らかな日差しの暖かさを感じるこ...

6

エッフェル塔とライトショー

ザ・パリジャン・マカオにあるエッフェル塔の高さはおよそ162mで、7階と37階に展望デッキがあります。エレベーターで塔のいちばん上までを昇るとマカオとコタイ・ストリップの絶景を楽しむことができます。  日没後にライトアップされるエッフェル塔は、記念写真に最適な背景となることでしょう。また...

7

オルタ広場(司打口)

内港近くの広場です。清朝の康熙帝から同治帝の時代はアヘンの輸入のための桟橋でした。この場所はアヘン貿易専用の埠頭であったともに、中国とマカオの歴史で初のタバコの関税徴収が行われた場所としても知られています、後にアヘン戦争の原因の一部となったとも考えられています。19世紀後半には、埋め立てにより広々と...

9

コレイアダシルヴァ街の壁画

石街とコレイアダシルヴァ街を結ぶ階段の壁にローカル作家の大きな壁画が登場しました。伝統的な中国文化をテーマにした作品には幸運と保護を象徴するトラが描かれています。トラ(虎)は北京語の発音で「福」と発音が似ていることから「ラッキー・タイガー」というテーマの着想を得ました。漫画のようなタッチの鮮やかな壁...

10

コロアン埠頭

1873年に再建された埠頭は、各島を結ぶ橋ができる前は、コロアン、タイパ、マカオ半島を結ぶフェリーターミナルとして利用されていました。また中国本土とコロアンを結ぶフェリーのため、税関も設けられていました。時代の移り変わりに伴い、桟橋の主な役目は終わり、地域の干物の香りが過ぎ去りし日を思い起こさせます...

12

セナド広場

セナド広場は何世紀にもわたってマカオの街の中心であり、現在も公共のイベントや祝典が開催される最も人気のある広場です。民政総署や三街会館(関帝廟)のすぐそばという立地は、地元の中国人社会が積極的に行政に関与していたことを物語っており、マカオ文化の多様性を知ることができます。広場はパステルカラーの新古典...

13

タイパハウス空間アート

写真映えスポットの一つとして、マカオオリジナルゆるキャラの“何小涌(ホーシウチョン)”をテーマに四つの空間アートをタイパ市政公園及びタイパハウスに設置されました。

14

パタネ図書館

パタネ図書館は内港沿いによくあるアーケードを有する建築様式になっていて、ヨーロッパと東南アジアの建築要素が融合しています。パタネ図書館は、マカオに現存するその数少ないひとつです。

15

バラ広場

媽閣廟の前にあるバラ広場。内港を望むこの広場には主に黄土色や灰色のポルトガル式石畳が敷かれています。近くを流れる川のさざ波を思わせるその模様は、水の動きと海沿いの街であることを象徴しています。

16

ハリー・ポッター:ザ・エキシビション

ハリーポッターのアジア太平洋プレミア展示会:ザ・ロンドナー・マカオにて展示会を開催舞台裏を紹介する新たなインタラクティブなツアー展示は、ハリー・ポッターとウィザーディング・ワールド全体を紹介してきたもののなかでも、最も包括的な展示内容になります。 ハリー・ポッターの映画シリーズやウィザーディング・ワ...

17

マカオ中央図書館

マカオ中央図書館はかつて聖オーガスティン教会の中にあり、元はマカオ利宵中学付属の図書館でした。マカオ中央図書館は1917年から1929年にかけて、聖ヨセフ修道院、ホテル・ベラ・ヴィスタ、 塔石広場障害者保護施設、レアル・セナド・ビル(今日の市政署)へ移転を繰り返してきました。1983年に再...

18

マカオ科学館

マカオサイエンスセンターは、世界的に有名な建築家I.M.ペイ氏によって設計されました。 総床面積2万平方メートルのスペースは、展示センター、プラネタリウム、コンベンションセンターで構成されています。 エキシビジョン・センター 展示会場では訪問者が実践的な手法を通じて科学を探訪し科学を楽しめるよう目指...

19

ライ・チー・ブン造船所

ライ・チー・ブン造船所は、3,000平方メートル規模の再生計画と共に、地方財産に指定されました。マカオの造船業をテーマとした文化・レクリエーション活動のスペースとして、テーマ別の展示、特設マーケット、即興・アート体験、バスカーズライブパフォーマンスなどを提供し、来場者がくつろぎながらマカオの造船業の...

20

リラウ広場

その昔、リラウの地下水がマカオの天然水の供給源でした。ポルトガルの言い伝えに「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない」とあり、これはリラウ広場に対する地元民のノスタルジックな想いを表したものです。このエリアはポルトガル人が最初に住み始めた地域の一つです。

21

俊秀圍

俊秀圍は以前ノスタルジックな骨董品店が建ち並ぶ場所でしたが、今では飲食店や小さな商店が集まり新旧が交わる若者に人気のエリアになりつつあります。クリエイティブなショップの両脇を彩るトレンディな壁画、宙に飾られた装飾はまさに流行のホットスポットです。

22

十月初五日街

十月初五日街はマカオの有名な古い通りです。この通りはポルトガルで立憲王政が廃止され共和制に移行することになった1910年10月5日の革命にちなんで名付けられました。このエリアにはノスタルジックな雰囲気が漂い、小売店やローカルレストランが軒を連ねる見所となっています。

23

十月初五馬路のウォールアート

かつて小さな漁村だったコロアンは近年、人気のカフェやアートスペースなどとともに文化的でクリエイティブな雰囲気の漂うエリアになっています。十月初五馬路沿いを歩いていると、ローカルアーティストらによるウォールアートが。そこに暮らす人々や夕日に映える小屋など在りし日の漁村の風景が描かれていて、これらのウォ...

24

南光倉庫のウォールアート

文化局は地元企業南光グループとの協力で、河邊新街沿いにある南光倉庫の壁にウォールアートを制作しました。マカオのウォールアート作家林家豪とアニーが『内港エリアのディープな文化ツアーで繰り広げられるショー』をテーマに合計25の作品を描きました。内港エリアの日常生活を描いた作品はこの地域の新旧を描くととも...

25

図書館

この1階建ての図書館は、もとは1911年に建築された旧市立学校でした。今は地元の人々に静かで居心地の良い空間を提供しています。自然や周囲の建物と調和する建築様式を採用しています。海岸沿いには過ぎ去りし日の漁業の痕跡を見つけることができます。レンタルサイクルで村を探索することもできます。

28

官也街の壁画

特色のあるレストランや小売店が軒を連ねる官也街の近くにある日頭街も、ローカル作家の手によってより一層魅力的な雰囲気になりました。このエリアで見かける猫たちに着想を得た「ラッキー・キャット」は鮮やかな赤色で描いた切り絵の猫 の壁画で、観光客を小さな路地へと誘います。 また反対側には、マカオを代表するス...

29

恋愛巷

この小路はマカオでどこでも見られるような小路ですが、その名前、Travessa da Paixãoに特徴があります。ポルトガル語「Paixão」は「情熱と愛」を意味します。もともとはカトリックの神に対する情熱を意味していましたが、誤訳によりTravessa da Paix...

31

洗星海像

洗星海の銅像は洗星海大馬路(Avenida Xian Xing Hai)と柏林街(Rua de Berlim)の交わる場所に位置しています。 マカオで生まれた洗星海は中国の代表的な音楽家であり、現代中国音楽の先駆者とされています。彼は聞く人の心を揺さぶる激しい音楽を多数作曲し、中でも特に有名なのはカ...

32

盛世蓮花廣場(蓮の花の広場)

マカオ・フォーラム(綜藝館)の隣、盛世蓮花廣場に建てられている「盛世蓮花」は、1999年に中華人民共和国国務院によって寄贈された大きなオブジェで、マカオの主権が中国に返還されたことを意味しています。 金色の銅で造られた花の彫像は重さ6.5トン、高さ6m、花の直径は最大3.6mです。主要部分は茎、花び...

33

石街

目を引く鮮やかな建物が両脇に建ち並ぶ石街は、カラフルなグラフィティの他にローカルグルメを提供する特色のあるカフェやバーやクリエイティブなショップなどが軒を連ねる人気のフォトスポットです。

35

聖オーガスティン広場

聖オーガスティン広場を囲んで、聖オーガスティン教会、ドン・ペドロ5世劇場、聖ヨセフ修道院とロバート・ホー・トン図書館などの建築物が立ち並んでいます。広場周辺は石畳(カルサーダス)が敷き詰められており、ポルトガルの伝統的な街並みを映し出しています。

36

聖ドミニコ広場

聖ドミニコ広場は聖ドミニコ教会の前にあります。散策中のひと休みできる場所であることはもちろん、広場の周りには食品や衣料品、化粧品など様々な商品を売る店が軒を連ねています。

37

船鋪前地のウォールアート

十月初五馬路のウォールアートのコンセプトと同様に、船鋪前地のウォールアートは漁師たちが大漁に恵まれきらめく海から戻ってくる様子が描かれています。漁師たちの安全と海の恵みを表現しています。

38

観音像

一時休業

ウォーターフロントに佇む像は観音(慈悲の女神)を祀っており、高さ20mの特別なブロンズ製です。蓮の花を象ったドーム内は仏教、道教および儒教センターとなっており、宗教関連の土産物や文化局の刊行物も販売しています。

39

計單奴街48號Aのウォールアート

ここにもまた、海の神、譚公の伝説を元に描かれたウォールアートがあります。伝説によると、譚公は何度も子どもの姿に生まれ変わり、漁師たちを助けたと伝えられています。白い背景の壁には子どもが釣竿を振り虎と一緒に釣りをする様子が描かれています。子どもと虎の元気な様子とコロアンに伝わる古い伝説を重ね合わせるこ...

40

計單奴街66號のウォールアート

コロアンの路地裏はどこも魅力に溢れています。ローカルアーティストが描いた計單奴街のウォールアートは「譚公と魚」がテーマ。海の神、譚公が魚の群れと戯れている様子を描いたこのウォールアートには、コロアンの漁師たちが年中豊漁に恵まれ、譚公への祈りが込められています。

42

關前正街および關前後街

關前正街という名前はマカオの外国貿易を管理していた税関にちなんで名付けられました。今日、このエリアにはお香やアンティークなどを販売する伝統のある店と古い建物をリノベーションしたコーヒー専門店や文化的なショップが肩を並べる古き良き趣のある通りとなっています。時々文化活動やフリーマーケットが開催されて観...

43

關閘(出入境ゲート)

地下の旅客ターミナルが建設され、地元の人は簡単に珠海市に行けるようになりました。地下バスターミナルからは接続のエスカレーター、エレベーターおよび階段で關閘広場に行くことができます。バスターミナルには17の路線があり、看板等で分かりやすく表示されています。トイレと公衆電話は地下バスターミナルにあり、タ...

45

雞公圍5號のウォールアート

コロアンに残る家々は漁師たちの記憶を今に伝えています。雞公圍5號に建つ家屋にも鮮やかな壁画が描かれています。カラフルで大きな魚とアズレージョタイルの柄が描かれた壁画に、村民が幼少期に魚を捕まえた思い出を描いた壁画。この壁画に描かれた少女のイキイキとした目と魚を捕まえた喜びが伺えます。もう一つの壁画に...