Skip to Main Content

仁慈堂婆仔屋(Albergue SCM/Albergue da Santa Casa da Misericórdia)

ラザロ地区は近年、マカオの文化・クリエイティブシーンの拠点となってきました。仁慈堂婆仔屋(Albergue SCM)は、その中心的存在です。約200年前のポルトガル風建物で、中庭にある2本のクスノキの古木がその歴史を物語っています。第2次世界大戦中は貧しい人々が暮らした場所で、年老いた女性たちの救護施設でもあり、「オールド・レディーズ・ハウス」として知られています。現在、ギャラリーでは様々な展示やセミナー、イベントが行われ、レストランもあります。マカオの芸術的、文化的、創造的発展をめざし、この歴史的建造物に活気を与えるユニークな活動を行っています。