Skip to Main Content

パタネ夜警館

麻子街52−54にある沙梨頭夜警資料館は、マカオ文化局と沙梨頭土地廟慈善会が共同で改修し、2015年12月18日から一般に公開されています。この資料館は異なる地域と地域社会で行われてきた伝統的な相互扶助の価値を明らかにするだけでなく、伝承や地域の歴史の紹介を目的としています。

並んだ2棟の平屋を切妻屋根で覆ったこの建物の内部は中庭で仕切られています。建物の後方部はもともとあった大きな岩をそのまま残し、その上に木の柱とレンガ壁を建てました。丘のふもとという地形に合わせて建築された建物は、自然と文化的景観が調和しています。

かつて中国で夜警は市民に時間を知らせるとともに、犯罪や火事を未然に防ぐ役割を担っていました。マカオにも夜警隊がいて、市民を守る夜回りの習慣がありました。しかし、街の近代化が進むにつれて、こうした社会奉仕活動は次第に消えて行きました。夜警隊が提灯を手に鐘を鳴らして市民に時間を告げる習慣や、市民を守り治安を維持する役割はもう残っていませんが、現存する唯一の夜警館は、夜警隊の証人としてその歴史を伝えています。

「マカオの夜警館」と「夜警隊の仕事」の2つをテーマに、当時の写真、展示物、改装後の夜警館の模型、アーティストによるイラストやさまざまな模型などを展示。かつてのエネルギッシュな夜警隊の変遷と歴史を紹介します。

情報提供:マカオ文化局